ウォンテッド:Tumult Curator連戦

ウォンテッド
この記事は約5分で読めます。

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

LSリーダーが「タムルトいくぞー」と言って、2回に渡ってTumult Curator連戦へ行ってきました(・∀・)

タムルト戦は一度野良の催しに入れていただいてやったことがありましたが、あいにくそのときは勝つことができませんでした。

引退された先生も、タムルトやりたいようなことを言っていましたが、叶わずお流れに><

なのでようやく再戦出来ることになりました。

ウォンテッド:Tumult Curator連戦
Tumult Curator

コンテンツレベル145
Pandemonium Wardenの上位NM
タムルトの箱

Tumult Curatorは、ウォンテッド3の項目にリストが出ますが、初期の状態だとTumult Curatorの名前は出ていません。

Tumult Curatorをリストに出すためには、Thu’ban(ハイドラ)、Sarama(ケルベロス)、Shedu(キマイラ)の3NMを討伐するのが条件になっています。

以前やったときは、結構めんどくさいなーって感じでしたけど、フラグがない人のために回った今回「えー、こんなラクだったっけ?w」というような感じになっていました(*≧∀≦*)

とくにSheduが呆れるほどラクに・・・・!w

プレイヤー側がそれだけ強化されたということなのかしら。なのでフラグ取り、だいぶラクになっていると思います。

下位にあたるPandemonium Wardenも、今やっても充分メンドくさい系なのに、その上位版だからさらに面倒なイメージ。

でも、削り担当のネコモさんが強いせいかな、初めて相対した時の「どうやって勝つのこれ…」という感じではなかったです(・ω・)

編成は、剣モコ吟白風+赤(複垢)。ひなこは風(/白)担当です。

1回目にやった時の反省点や改善点を踏まえた今回の2回目。

剣が隅っこの方で、本体をキープ。

白の回復を受けられるくらいの位置で、順次POPする中ボスを釣って引っ張り戦闘です。

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

第一段階で戦車4種類が同時POP。サルベージに出てくるボス戦車です。名前は全部同じ『Tumult Curator』なので、見た目で判別するしかなく。しかも密集状態になっているので、見分けて釣るのも一苦労です。

ゼオルムボスの戦車から開始。「(#゚Д゚)どすこーい!(ディスコイド)」があるので、風はモにくっついてどすこい対策。でも来る前に沈んじゃうけど!w

風魔法は、1回目にやったときは、守り主体でアトゥーンやヴェックスなどを指定されましたが、中ボス処理中は特に守りに徹する必要もないほどモンクが強いので、今回はジオフレイル+インデフューリーにして支援しました。

グロリッチジオにしてみたけど、アビジオ使うまでもなくサクサク沈めちゃうから、面倒になったので普通のジオ置いてました(ノ∀`)

ていうのは半分冗談(?)だけど、臨機応変にジオ置きなおすほうが引っ張りやすいのもあったので!w

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

モクシャ愛に萌える強モンクさんなので、全然問題ナッシブルでした☆

第二段階はアトルガン獣人王3体が湧きます。これの名前も同じ『Tumult Curator』です。でも見た目が全然違うので見分けるのはラクですね~。

Gulool Ja Ja(マムージャ)>Medusa(ラミア)>Gurfurlur the Menacing(トロール)の順につって倒していきます。

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

Gurfurlur the Menacingのプレアデスレイはホント嫌ですよね。中ボス処理の中でコレが一番厄介だと思います。

毒・麻痺・暗闇・静寂・スタン・悪疫・スロウ、ってもらってますね><

ヤグナシの白さんだったら、麻痺と悪疫さえ治してもらえれば、あとは万能薬とパナケで対応できるので、「はよ、はよ」とせっかちな人は薬品持参で挑むといいかもしれません。

白は盾の回復にも集中しないと大変ですしね!

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

中ボス最後の第三段階では、アトルガン3大HNMの、Cerberus、Hydra、KhimairaがPOP。名前も同じ『Tumult Curator』です。見分けは以下略。

Hydra>Khimaira>Cerberusの順に釣って戦闘。

中ボスと共に沸く各種雑魚は、盾さんがキープしてくれているので、釣って持ってくる必要はありません。

ヘイトのせはNMに直接ディアしてました。

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

中ボス処理が終わると本体です。

詩人がアビで全部寝かせます。その後、ソウルボイスで歌のかけ直し、各種強化かけ直しをして、フィナーレ連打で強化剥がしやヒューマンキラーが切れているかの確認をして、赤によるスタイミーサイレスを入れたらボルスターでジオ、インデ、エントラなどの風魔法設置。

そして戦闘開始。コルセアはディアライトライト。

まあ、色々ミスなどあって、文面通りにパーフェクトに出来ていたわけではありませんが、だいたいこんな感じで(≧∇≦)

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

大好きな召喚獣たちがワラワラ出てくるアスフロを、複雑な気持ちで見守りつつ、ワンフォアオールや女神の聖域や羽衣で、わりと乗り切れていました。

呪いを食らってHPがダウンしたところにくるアスフロでは、半分が床を味わっていましたけど( ;∀;)

削るのが早いので、それだけアスフロ間隔も短いからタイヘン><!

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

風魔法は、やはりアトゥーンやヴェックスをしたところで、影響もあまり貢献できていないので、白と剣によるアビの魔法防御に任せて、削りのモンクに貢献できるフレイルとフューリーにし、エントラストを使ってのインデフェイド(魔法攻撃力をダウン)にしてみました。

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

まあ風魔法のチョイスは、人によって考え方や編成に大きく寄るところがあると思うので、私はこれでやりましたよって程度で。

SPを回復しながら連戦をして、無事、リーダーはお目当ての楯無腹巻が取れてお開きでした(笑)

ウォンテッド:Tumult Curator連戦

ネコモさんの勇姿をスクショに収めるよーw と言って色々撮っていたんですけども~。

なんか、バッチリかっこいいポーズの時とかには、必ずと言っていいほど強化や回復の魔法がかけられ、姿が見えなくなるという(笑)

ガルカだったら平気そうなんだけど、ネコだけに覆い隠されちゃう!w

なので、ネコモさんがマストラ討伐した動画をアップしたので、貼り付けておきます! 16分とかあんこくさまでスゴイですよね! エビフリャー!

【FF11】白と黒 Black and White 【16min】

冒頭の謎会話は、タムルトへとつながっていくのであります☆

タイトルとURLをコピーしました